本気で、考えはじめてみませんか。「死」のことを。



株式会社LTNでは、アクティブ・エンディングを進めています。

アクティブ・エンディング

自分のため、残される大切な人のために
今、はじめられること。
お金や家族の有無に関わらず、大人であれば、
必ずしておきたい作法

「アクティブ・エンディング」は、死の概念、あるいは死の対し方に充てた新しい言葉です。
非常に進歩した現代医療においては、多くの人が〝どう死にたいか〞を選択できるまでになっています。つまり、最後の選択の時、亡くなるその人自身の意志が明確であるのとないのとでは、残される家族や大切な人の苦しさ・悲しさが大きく変わってくるとも言えましょう。
葬儀や墓の準備だけでなく、「死ぬまでをどう生きたいのか」「最後にどういう医療を受けたいのか」の意志を、どうか事前に表明してください。
自分の力で自分の意志を事前に表明しておくことが、超高齢社会を生きる私たち大人の作法になってほしいという願いも、この言葉には込められています。
自分の最後の希望について、まずは具体的に言葉にしてみること。アクティブ・エンディングはここからはじまります。


アクティブ・エンディング チェックポイント

現代日本においては、死についての情報があまりに少ないのが現実です。
だから、「自分からは、なかなか行動を起こせない」。
そんな人のために、アクティブ・エンディングに必要なことをまとめてみました。

□ 生物学的、医学的な「死」について学んだことがありますか?
□ 死の前後にかかるお金のことを学んだことがありますか?
□「終末期医療」の内容を知っていますか?
□ かかりつけ医または主治医はいますか?
□ 自分の最後の意志を託せる人はいますか?
□「死」について、自分なりの考えを持っていますか?
□「死別」をどう捉えているか、説明ができますか?
□最後の医療の選択をしていますか?

上記のうちどれか1 つでもチェックできない人、学んでみませんか?  死のこと。
わたしたちはアクティブ・エンディングセミナーを開催します。